書籍紹介

近代岡山 殖産に挑んだ人々 3

近刊
著者 公益財団法人山陽放送学術文化・スポーツ振興財団 (編著)
発行吉備人出版
仕様 A5判 並製本
ページ数 327ページ
価格本体1,700円+税
ISBN978-4-86069-686-3  C0021
初版年月日2022年7月1日
発売予定日2022年7月11日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

吉岡鉱山(高梁市吹屋)を西洋式の掘削技術を導入して業績を伸ばした近藤廉平
帯江鉱山(倉敷市中庄)を購入し、全国有数の鉱山へと成長させた坂本金弥
牛の改良増殖に挑み、大型で丈夫な優良牛の作出に成功した太田辰五郎
岡山県初のガラス温室を建設し、本格的なぶどう栽培をスタートさせた山内善男と大森熊太郎
保険制度を学んで保険業法の制定に参画し、日本初の相互保険会社を創立した矢野恒太
郵便事業の改革・整備に務めるなどして、「郵便中興の恩人」と称される坂野鉄次郎
岡山支店(現)レネスホール)や重厚な古典主義の建築を数多く設計した長野宇平治
第一合同銀行本店(中国銀行本店)や大原美術館本館、有隣荘などの建物を設計した薬師寺主計

国造りの根幹をなす「殖産」に取り組んだ岡山ゆかりの先人たちを図版や史料を基に研究者が紹介する。

目次

目次
ダイナマイトと明治の夢
 講演1 日本郵船社長前夜の近藤廉平
 講演2 帯江は後半生の出発点

特産王国を夢見た人々
 講演1 太田辰五郎の地域振興―たたら吹製鉄と千屋牛市―
 講演2 原始温室で実りを結ぶ

近代制度を育てた人々
 講演1 「世間の人が喜ぶか、なくても良いと思うかを考えよ」矢野恒太
 講演2 「郵便は薄利多売主義を守れ」郵便事業中興の恩人 坂野鉄次郎

岡山の街をデザインした男たち
 講演1 互いの銀行を設計した長野宇平治
 講演2 互いの銀行を設計した薬師寺主計

著者プロフィール

公益財団法人山陽放送学術文化・スポーツ振興財団

山陽放送学術文化・スポーツ振興財団は科学技術の発展と文化の向上に寄与するため1963年に山陽放送学術文化財団として設立され、以来、科学の基礎研究に対する助成のほか、学術調査や文化講演会などを実施し、地域の歴史の発掘・再発見と文化の継承に努めている。
2013年に公益財団法人に移行し、2020年地域スポーツの振興を支援する事業を加え、現在の名称に変更した。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP