書籍紹介

詩集 夏つばき second

新刊
著者 春生 ひとよ (著)
発行吉備人出版
仕様 A5判 並製本
ページ数 189ページ
価格本体1,600円+税
ISBN978-4-86069-680-1  C0092
初版年月日2022年4月30日
書店発売日2022年4月30日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

著者の第2詩集。

タイトルの「夏つばき」は、沙羅双樹の花。
源平合戦場として知られる倉敷市藤戸の藤戸寺で初めて目にし、赤茶の幹に白い花が清楚に咲くその美しい姿に心洗われたという。

自然豊かな岡山を歩き、感じたままを詩にした作品52編を収録している。

著者プロフィール

春生 ひとよ

1957年福岡県生まれ。
詩集『夏つばき』(2010年)
岡山県倉敷市在住

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP