書籍紹介

歌集 朝の食卓

新刊
著者 河﨑 展忠 (著)
発行吉備人出版
仕様 A5判 上製本
ページ数 302ページ
価格本体3,000円+税
ISBN978-4-86069-668-9  C0092
初版年月日2022年3月1日
書店発売日2022年3月11日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

長年、公職を務めるなど、地域への貢献活動をしてきた87歳の著者が短歌のテーマにしたのは、老い、政治、自然の営みや何気ない日常、そして、妻や子ども、孫などへの思い──。

収録された786首には、ユーモアが散りばめられ、短歌づくりの楽しさが伝わってくる。

前作の「歌集 桜剣」に続き、8年間に詠んだ786首を収録。

目次

(抜粋)

孫の絵を居間にかざりつ妻の言う末はピカソかバンクシーよね

信をもちわれ道曲げず生きてきて自らの骨指で確かむ

「サオダケー」のやや間延びした売り声が人恋しさをつのらせる午後

散り落つるさくらの花の中に立つ時の流れを身に浴びて立つ

人の世の儚なきことをまだ知らぬ孫と並んで手花火をする

著者プロフィール

河﨑 展忠

昭和10年玉野市生まれ。
昭和33年早稲田大学卒業。
特別国家公務員となり参議院に勤務。
昭和38年岡山県議会議員に初当選し、連続8期。
昭和38年岡山地方裁判所調停委員(在職45年)をはじめ、数多くの公職・団体の役員を務める。
平成10年岡山県民共済を設立し初代理事長となる。
稲門会岡山県支部顧問。
著書に歌集『桜剣』(吉備人出版)など。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP