書籍紹介

鬼の話

近刊
著者 次重 寬禧 (著)
発行吉備人出版
仕様 A5判 上製本
ページ数 352ページ
価格本体2,000円+税
ISBN978-4-86069-659-7  C0039
初版年月日2021年10月1日
発売予定日2021年10月11日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

「鬼とは何か」――
鬼が登場する古典や説話・民話などの諸資料をもとに鬼の話を再収録し、鬼の正体に迫る。

鬼は私たちの感情を高揚させ、ある種の喜びや力を与えてくれる。

鬼がいるからこそ、この世は面白い……。

目次

はじめに

第一章 「鬼」が持つ多様性
第二章 『記紀』と『風土記』と鬼
第三章 『万葉集』などの古典に見る鬼
第四章 『源氏物語』などの古典の中の鬼
第五章 『江談抄』などの古典に現れる鬼
第六章 『今昔物語集』に読む鬼たち
第七章 『絵巻』とオニ
第八章 『民話』で語られる鬼たち
第九章 祭りと鬼
第十章 山と鬼

おわりにかえて
参考文献

著者プロフィール

次重 寬禧

昭和10年7月11日、広島県神石郡神石高原町有木に生まれる。

広島大学教育学部卒業、広島県三原東高等学校英語教諭、広島大学教育学部附属中・高等学校英語教諭、和歌山大学教育学部教授(英語教育)、和歌山大学名誉教授、兵庫教育大学博士課程教授(英語教育)、などを歴任。英語教育に50年を捧げる。

現在、地域の猪鼻山八幡神社宮司。神石高原町文化財保護委員。

平成28年5月、瑞宝中綬章叙勲受賞。著書論文多数。

郷土歴史関係の著書に『有木物語』(吉備人出版)がある。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP