書籍紹介

来年の春

長瀬佳代子短篇集
新刊
著者 長瀬 佳代子 (著)
発行吉備人出版
仕様 四六判 上製本
ページ数 201ページ
価格本体2,000円+税
ISBN978-4-86069-655-9  C0095
初版年月日2021年7月15日
書店発売日2021年7月15日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

著者4冊目の短編小説集。仕事での実体験などをモチーフに、日常を切り取りながら人と人とのふれあいを描き、読む人の心を和ませる掌編を集めている。
「夾竹桃の咲く街で」は、当時住んでいた神奈川県の「かわさき文学賞」第19回入選作品で、その後創作を続ける原動力となった自身の記念的作品。

目次

・男友だち
・寒い日
・残りの旅
・彼岸花
・フミの出番
・道楽
・真金吹く吉備
・来年の春
・夾竹桃の咲く街で
あとがき

著者プロフィール

長瀬 佳代子

1937年徳島市生まれ。
日本社会事業学校研究科卒業。
神奈川県川崎市で医療ソーシャルワーカーとして勤務する傍ら小説執筆を始める。
1976年岡山県庁に移り、精神障害者社会復帰センター、保健所などに勤務。
1997年定年退職し、その後介護支援専門員、精神封建福祉士資格などを取得、美作市介護認定審査会委員などを務める。

1977年に「まがね文学会」に入会し、同人誌「まがね」に作品を発表。
著書に『冬がくる前に』『春の日の別れ』『梅の木のある家』などがある。
「まがね文学会」所属。岡山県美作市在住

受賞歴
「夾竹桃の咲く街で」かわさき文学賞入選
「母の遺言」岡山県文学選奨入選
「仲間」自治労文芸賞入選など。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP