書籍紹介

世界の美しい病院 ― その歴史

近刊
著者 石田 純郎 (著)
発行吉備人出版
仕様 B5判 並製本
ページ数 146ページ
価格本体2,500円+税
ISBN978-4-86069-643-6  C0047
初版年月日2021年5月25日
発売予定日2021年5月31日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

ヨーロッパや中東、アメリカ、アジアなどの23カ国88施設の歴史的な病院施設を、建造物の美しい写真と共に紹介する紀行録。
医師である著者が、1994年から2018年にかけて訪問、取材した施設を地域別、機能別に編集。

古代や中世では宗教を基盤とした困窮者の収容所が、19世紀になって傷病者を治療する施設に変化していく。
現在の病院の形態につながる医療施設の変遷をたどる。

目次

解説
 1.はじめに
 2.地域別・時代別の病院の特徴
 3.中世由来の特徴のある専門施設
 4.近代的病院
 5.新世界 オーストラリア、ニュージランド、アメリカの病院
 6.日本とその旧統治圏の病院
 7.ラオスの戦争遺跡、ムアンクーンのフランス病院
 8.イスラム圏の病院

第Ⅰ章.古代
第Ⅱ章.中世ヨーロッパ
第Ⅲ章.伝染病患者収容施設
第Ⅳ章.困窮者収容施設
第Ⅴ章.大学病院
第Ⅵ章.聖ヨハネ騎士団病院
第Ⅶ章.新世界の病院
第Ⅷ章.近代的病院の出現
第Ⅸ章. 日本へ影響を与えた施設
第Ⅹ章.日本
第Ⅺ章.日本の旧統治国・その他のアジア
第Ⅻ章. イスラム圏

資料
あとがき
索引

著者プロフィール

石田 純郎

1948年岡山県笠岡市生まれ。
1973年岡山大学医学部卒。
医師。
岡山大学病院小児科、小児神経科。三菱水島病院小児神経科。
1985年岡山大学から医学博士号授与。
学位論文で日本てんかん学会J.A.Wada賞受賞。
オランダ国立ライデン大学客員教授(医史学)。
新見公立短期大学教授。
2005年岡山大学から博士(文化科学)号授与、学位論文の一部で日本医史学会学術奨励賞受賞。
山陽放送文化財団第35回谷口記念賞受賞。

現在、中国労働衛生協会医師、岡山医学史研究会代表、医学史研究会評議員、日本薬史学会理事、岡山大学医学部非常勤講師(医学史)。

著著(単著)に『江戸のオランダ医』『蘭学の背景』『緒方洪庵の蘭学』『ヨーロッパ医科学史散歩』『アジア医科学史散歩』『オランダにおける蘭学医書の形成』。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP