書籍紹介

米寿、そして

新刊
著者 細川 清 (著)
発行吉備人出版
仕様 四六判 並製本
ページ数 267ページ
価格本体1,600円+税
ISBN978-4-86069-642-9  C0095
初版年月日2021年4月20日
書店発売日2021年4月20日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

14歳の少年を襲った原子爆弾の投下。
奇跡的に一命を取り留めた著者は、東京大学文学部でドイツ文学を学んだ後、父の後を追うべく医学部に進み、精神・神経医学の医師としての道を歩む。

本書は、著者の自伝と、満88歳を迎えてからの1年間を書き留めた日記。

目次

第1章 昭和 私の証言
証言
母の診断
第2章 金婚式の招待状 ―アメリカ・チヤールストン紀行―
第3章 米寿の日記帖 ―いつまでも天邪鬼でありたいと―

著者プロフィール

細川 清

1931年広島県東城町生まれ。
広島市の私立修道高校卒業。
1955年東京大学独文学科卒業後、岡山大学医学部卒業。
精神・神経医学を専攻。
臨床脳波学をライフワークとする。
1968年より2年半、アメリカ・ウィスコンシン大学に留学。
岡山大学医学部助教授を経て、1983年初代香川医科大学精神科教授、1991-97年同大学付属病院長・副学長を務め退官。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP