書籍紹介

夢尽きるまで

近刊
著者 杉本 隆 (著)
発行吉備人出版
仕様 四六判変型 ( 縦116mm横188mm 並製本
ページ数 74ページ
価格本体1,000円+税
ISBN978-4-86069-638-2  C0092
初版年月2020年12月
発売予定日2020年12月8日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

これまでに発表した『妻送るまで人でありたし』『惚け老人夢の戯言』『夢追い人の人生楽しきもの』『捨人の詞』に続く散文集第5弾。

後三年生きて見るかと思う時眠りし妻の影がよりそう
人はみな年齢の数だけ夢があり夢尽きるまで生きて逝きたし

……労働災害の後遺症で頭痛、頸椎の痛み、手足の痺れ、疼きに苦しみながら、先に逝った妻を思いながら、日々書き続ける著者。
どんなに貧しくとも、苦しくとも人間として生きていかなければならぬ……後期高齢者が詠う魂の叫び
まえがきには、「私の遺書のようなものです。九十歳の冬」と。

著者プロフィール

杉本 隆

昭和6年2月11日岡山県川上郡成羽町字下日名生まれ。
学歴なし。

昭和31年から平成16年の間、杜氏として日本酒づくりに携わる。

労働事故により頭痛手足の痺れと痛みで苦しむ。

これまでに『妻送るまで人でありたし』(平成24年)『惚け老人夢の戯言』(平成25年)『夢追い人の人生楽しきもの』(平成27年)『捨人の詞』(平成28年)(以上吉備人出版)を発表。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP