書籍紹介

ありがとうの詩

新刊
著者 中越 由妃子 (著)
発行吉備人出版
仕様 四六判 並製本
ページ数 83ページ
価格本体1,000円+税
ISBN978-4-86069-634-4  C0095
初版年月日2020年12月15日
書店発売日2020年12月23日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

お父さん お母さんありがとう。
お母さん 私を産んでくれてありがとう。

泣き止まない時にあやしてくれてありがとう。
おんぶをしてくれてありがとう。

目が見えなくなっても音声のパソコンがあって、それを使えば健常者の人達と同じようにパソコンが使えることを教えてくれてありがとう。

卒業式に卒業生代表で答辞を読ませてもらいました。その答辞を後ろの席で母が静かに聞いてくれたことにありがとう。

29歳で娘が生まれて私が母親になれたことにありがとう。娘にありがとう。ハッピーバースデートゥーユー。

お父さん お母さん 私はあなたの娘に生まれてきてとても幸せです。私を産んで育ててくれたことに本当に本当に心からありがとう。


9歳で失明した著者は、50歳を前に、父母への思いを145編の詩でつづりました。

生まれてから今日までの、一つひとつのシーンに「ありがとう」の5文字を込めて。

著者プロフィール

中越 由妃子

1971年(昭和46年)高知県生まれ。
9歳で失明し、児童盲人養護施設に入所。

高知県立盲学校を卒業後、あんま・マッサージ・指圧師、鍼師、灸師の専攻科を平成5年に卒業。
病院に就職するが、体調を崩して退職。

27歳で結婚して長女を出産。
岡山や関西などで暮らしてきた。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP