書籍紹介

慈愛と福祉 岡山の先駆者たち2

新刊
著者 公益財団法人 山陽放送学術文化財団 (編著) 石野 常久 (編)
発行公益財団法人山陽放送学術文化財団
発売吉備人出版
仕様 A5判 並製本
ページ数 325ページ
価格本体1,600円+税
ISBN978-4-86069-624-5  C0021
初版年月2020年6月
書店発売日2020年6月10日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

山室軍平、アリス・ペテー・アダムス、田渕藤太郎、三宅精一そして三木行治……
貧困や弱者に目を向け奮闘した人たちの姿を追う。

本書は、公益財団法人山陽放送学術文化財団の主催、岡山日蘭協会の共催で2018年6月にスタートした新シリーズ『慈愛と福祉の先駆者たち』の第5回から第8回までの4回分をまとめたもの。
廃娼運動などに取り組んだ山室軍平、日本におけるセツルメントの先駆者アリス・ペテー・アダムス、福祉県を築いた知事・三木行治、岡山で初めて養老院を開設した田渕藤太郎、点字ブロックを考案した三宅精一らを取り上げ、それぞれの分野の第一線で活躍する研究者やゆかりの人が紹介。
岡山が〈福祉の先進県〉といわれるようになった、そのルーツに迫る。

目次

●慈愛と福祉 岡山の先駆者たちⅤ
社会鍋と救済事業 地の塩となった社会事業家 山室軍平
◆映像紹介
記録の中の山室軍平  岡山映像ライブラリーセンター 小松原 貢 
◆講演1
山室軍平の生涯と思想 ― 伝道と社会事業  京都ノートルダム女子大学特任教授 室田保夫 
◆講演2
山室軍平と廃娼運動 ― 日英関係史の視点から 同志社大学人文科学研究所 助教 林 葉子 
◆対談
山室軍平を読み解く 講演を受けて

●慈愛と福祉 岡山の先駆者たちⅥ
アダムス 岡山での宣教と人民救済
◆講演1
日本の福祉を先導したセツルメント ノートルダム清心女子大学 教授 杉山博昭 
◆講演2
アダムスの愛の働き 社会福祉法人 岡山博愛会理事長 更井哲夫 
◆対談
質問を受けて

●慈愛と福祉 岡山の先駆者たちⅦ
地域共生社会を夢見た人々

◆講演1
高齢者福祉今昔 ~田渕藤太郎と報恩積善会 ~
岡山県立大学教授 井村圭壯 
◆講演2
点字ブロックの誕生~三宅精一と岩橋英行の友情秘話 ~
社会福祉法人 聖明福祉協会/盲養護老人ホーム聖明園曙荘副園長 本間律子 
◆対談
質問を受けて

●慈愛と福祉 岡山の先駆者たちⅧ
私なき献身 福祉県を築きあげた三木行治
◆映像紹介
私なき献身 三木行治 岡山映像ライブラリーセンター 小松原貢 
◆講演1
にこにこおじさん 桃太郎知事 黒住教名誉教主 黒住宗晴 

◆講演2
医療福祉の人 三木行治 山陽新聞社監査役 阪本文雄 

◆対談
講演を受けて

関連するタグ

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP