書籍紹介

生本伝九郎の生涯

新刊
著者 岸田 崇 (著)
発行吉備人出版
仕様 四六判 上製本
ページ数 248ページ
価格本体1,800円+税
ISBN978-4-86069-605-4  C0023
初版年月2020年4月
書店発売日2020年5月11日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

瀬戸内の塩業者を束ねる十州塩田組合本部長を勤めるなど、行政家や実業家として活躍した生本の書簡や記録文などの史料を元に、幅広い人脈、使命感・責任感・行動力に富んだその人物像に迫る。

目次

第一章 生本伝九郎と児島湾干拓
 第一節 明治維新以前の児島湾干拓  
 第二節 明治初期の児島湾干拓  
 第三節 生本伝九郎の開墾出願  
 第四節 藤田伝三郎の経営  
 第五節 生本伝九郎と児島湾開墾起工三周年祝賀会  
第二章 十州塩田組合本部長生本伝九郎
 第一節 十州塩田同業会の創立と塩田条例の発布  
 第二節 十州塩田組合の紛争  
 第三節 生本伝九郎と井上甚太郎との論争  
 第四節 生本伝九郎と小野友五郎  
第三章 衆議院議員選挙への立候補
 第一節 衆議院  
 第二節 衆議院議員選挙  
第四章 移民保険会社設立
 第一節 移民の状況  
 第二節 移民会社設立の状況  
 第三節 移民保険会社設立の出願  
第五章 生本伝九郎がかかわったその他の事業
 第一節 陶器改選所  
 第二節 眼睲新聞  
第六章 生本伝九郎の家系
 第一節 生本伝九郎の生い立ち  
おわりに  
参考文献  
生本伝九郎関係略年表

著者プロフィール

岸田 崇

昭和14年岡山県赤磐市生まれ。
岡山大学法文学専攻科(文学専攻)修了。
岡山県立高等学校、岡山県教育委員会事務局、岡山県総務部等を経て、岡山県教育センター所長、岡山県立岡山一宮高等学校長等を歴任。

著作は『山陽町史(中世編)』(山陽町、1986年)、「備前国鳥取荘について」『操山論叢』(岡山県立岡山操山高等学校、1980年)、『歴史の里上仁保』(私家本、2011年)。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP