書籍紹介

岡山人じゃが2019

近刊
著者 岡山ペンクラブ (編)
発行吉備人出版
仕様 A5判 並製本
ページ数 155ページ
価格本体1,200円+税
ISBN978-4-86069-600-9  C0095
初版年月2019年9月30日
発売予定日2019年10月7日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

地域の人と歴史を掘り起こす、岡山ペンクラブの『岡山人じゃが』シリーズ最新刊!
歴史に学び、地域と世界の明日を考える――。

目次

〈目次〉
■口絵カラー/日本陸上界のレジェンド 岡山初のオリンピック代表選手 谷(旧姓真砂)三三五……猪木正実

■大正の短距離王 岡山のいだてん 谷(旧姓真砂)三三五波乱の足跡……猪木正実

■剣豪宮本武蔵の虚像と実像を〝現場検証〟する……赤井克己
第一章 〝巌流島決闘〟のミステリー
第二章 宮本武蔵はどこで生まれたか?
第三章 和泉・久保惣記念美術館で武蔵の「枯木鳴鵙図」を観る
第四章 宮本武蔵の決闘秘話
第五章 武蔵が晩年を過ごした小倉、熊本

■狂言を語る⁉……廣坂武昌

■ 「日本国憲法」と柳田先生……今西宏康

■戦時四方山話/痛快! 金日成の逃亡劇 婉容皇后の命縮めた阿片……日高 一

■記者歴五十年―思い出す人たち その出会いと別れ(三)……池田武彦

著者プロフィール

岡山ペンクラブ

2003年6月に発足した文化団体。岡山の文化の発展を願い、積極的に発言・提言することを目的としている。
現在の会員は、地元新聞社、放送局、出版社で活躍したOBや現役編集長など文筆活動にかかわる人たちが中心である。
これまでに『岡山人じゃが―〈ばらずし的県民性論〉』(2004年)、『岡山人じゃが2―〈ばらずし的県民〉の底力』(2005年)など『岡山人じゃが』シリーズを出版。

関連するタグ

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP