書籍紹介

悲眼院

福祉の真髄に迫る
新刊
著者 樅野 志郎 (著)
発行吉備人出版
仕様 4-6変 並製本
ページ数 147ページ
価格本体1,000円+税
ISBN978-4-86069-598-9  C0036
初版年月2019年8月
書店発売日2019年8月15日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

大正3年から戦後にかけて、その日食べることもままならない子どもたちの命を救った救療施設「悲眼院」(笠岡市)をご存じでしょうか?

「悲眼院」は、国民健康保険や介護保険、国民年金も何もなかった時代に、仏教の信仰心と医療の科学的知識を結び付けるユニークな社会事業として誕生。人間らしい暮らしができる地域社会を築きたいという理想主義の実践は、現代から振り返っても大きな驚きであり、快挙ではないでしょうか。

お寺で無料診療を実施した極めてまれな社会事業に今一度光を当て、今から思えば社会福祉先進県であった岡山県の先人たちの苦難の道を振り返ります。

目次

はじめに

 

序章 全国的にも珍しい救療施設「悲眼院」

卒業生の思い出 その一

 

第一章 大正時代の「救療施設 悲眼院」創設期

民生委員の源流 済世顧問制度……………………………………………19

大正は「防貧」時代…………………………………………………………21

赤磐市に現存の「天心寮」……………………………………………………23

画期的な禁酒運動……………………………………………………………24

民生委員制度創設百周年……………………………………………………25

日本国中で個人経営の施設は三か所のみ ………………………………

百年以上も個人経営を貫いた「福祉の原点」………………………………27

 

第二章 救療施設「悲眼院」のはじまり

そもそもは「お薬師信仰への疑問」…………………………………………30

初代 悲眼院院長 渡辺元一医師…………………………………………31

真言宗僧侶らの発起人………………………………………………………33

「悲眼院」初代理事長 高橋慈本師………………………………………35

悲眼院の足になった軽便「井笠鉄道」………………………………………38

「悲眼院」設立の申し合わせ………………………………………………40

不動の院是……………………………………………………………………41

百年以上の「悲眼院」に生きる不動の院是………………………………42

悲眼院十年史からの抜粋……………………………………………………44

なんで悲眼院いんと呼ぶの?……………………………………………………46

高橋慈本師が生涯続けた禁酒運動…………………………………………47

岡山県の社会福祉事業に取り組んだ先覚者たち…………………………48

 

第三章 救療施設「悲眼院」苦難の道

警察の干渉や妨害工作………………………………………………………51

眼科、内科の病室「静思寮」の完成………………………………………53

よくも生きてこられし……「悲眼院」………………………………………55

北川小学校の児童らが………………………………………………………57

二代目院長 谷本峻 医師…………………………………………………58

悲眼院を陰で支えた人々……………………………………………………59

走出薬師を桜の名所に ……………………………………………………61

三十七年間の実績……………………………………………………………62

暗い世相の一隅を照らす光を………………………………………………63

二代目高橋弘基師に引き継がれて…………………………………………65

高橋弘基師、耐乏の五年間…………………………………………………66

 

 

第四章 虚弱児施設「悲眼院」へ

 

戦災孤児の過酷な環境

ラジオ放送の「鐘の鳴る丘」…………………………………………………71

新たな苦難の船出……………………………………………………………72

子どもらの衣食住の確保……………………………………………………73

自由でアットホームな雰囲気………………………………………………74

保母さんたちの献身的な勤務………………………………………………75

おおらかな高橋弘基院長……………………………………………………77

卒業生の思い出 その二  ………………………………………………78

子供の人権を最優先に………………………………………………………87

悲眼院の歴史を見つめる梵鐘………………………………………………88

悲眼院を支え続けたおばあちゃん…………………………………………91

卒業生の思い出 その三……………………………………………………93

一日一善日記…………………………………………………………………97

全員で取り組む「薪まき運び」……………………………………………………99

厳しい水飢饉…………………………………………………………………100

田舎の豊かな自然環境………………………………………………………101

中学校の柔道部主将 野球部のエース……………………………………102

山学校、川学校………………………………………………………………103

自然災害や病気の蔓延………………………………………………………105

卒業生の思い出 その四……………………………………………………107

 

第五章 三代目 高橋昌文師

 

虚弱児施設から児童養護施設の「悲眼院」へ……………………………110

三代目悲眼院院長「高橋昌文」について 姉の佐藤弘子より…………113

卒業生の思い出 その五……………………………………………………117

キヨミちゃんの思い出を読んで……………………………………………121

弘子姉ちゃんの手記…………………………………………………………124

礼さんのこと…………………………………………………………………131

卒業生の思い出 その六……………………………………………………132

あとがき  137

著者プロフィール

樅野 志郎

もみの しろう

昭和18年(1943年)倉敷市生まれ。平成元年(1989年)より4期16年山陽町議会議員、平成17年(2005年)より2期8年赤磐市議会議員。令和元年春の叙勲、自治功労賞として旭日双光章を受ける。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP