書籍紹介

山田方谷ゼミナールVol.7

新刊
著者 方谷研究会 (編)
発行方谷研究会
発売吉備人出版
仕様 A5判 並製本
ページ数 149ページ
価格本体1,400円+税
ISBN978-4-86069-591-0  C0021
初版年月2019年9月4日
書店発売日2019年9月10日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

さまざまな角度から山田方谷に迫る方谷研究会の会報誌第7号。
研究報告、エッセイ、方谷関連本の書評などを掲載。
幕末に朝敵となった備中松山藩の動向を分析した論考や方谷の最期の病状を現代医学で診断したエッセイ「山田方谷の晩年の病状と医師・横山廉造との交わり―臨床医の考察―」、連載・「漢詩鑑賞」など。

目次

◎巻頭言/⻆南勝弘(方谷研究会顧問)
◎研究会報告論文
 「方谷山田先生遺蹟碑」について/岡田克三(方谷研究会顧問)
 文久の改革と山陵(天皇陵)修復事業を支援した山田方谷/和仁 守(方谷研究会顧問)
 備中松山藩御茶屋「水車」の実像にせまる/藤井義和(元岡山県建築士会会長、山田方谷に学ぶ会会員、方谷研究会顧問)
◎論考
 幕末・維新期の政局と山田方谷/朝森 要(方谷研究会会長)
◎研究ノート
 山田方谷と小田県殖産商社/山本邦男(山田方谷に学ぶ会会員、方谷研究会会員)
◎エッセイ・探訪
 山田方谷記念館の開館/山田 敦(山田方谷記念館館長、方谷研究会顧問)
 山田方谷の吐血/金澤健吾(方谷研究会理事)
 山田方谷の晩年の病状と医師・横山廉造との交わり―臨床医の考察―/那須保友(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器病態学教授)
 山陵(天皇陵)修補事業に貢献した老中板倉勝静の調査/高橋義雄(方谷研究会理事)
 川田甕江の「上秋月侯書」をめぐって/片山純一(方谷研究会代表)
◎ 山田方谷の「漢詩鑑賞」(第3回)/森 熊男(岡山大学名誉教授、方谷研究会顧問)
◎書評
 『陽明学のすすめⅦ 人間学講話 佐藤一斎』深澤賢治(明徳出版)/片山純一
 『藩政改革者 山田方谷』朝森 要(吉備人出版)/小柳智裕
◎方谷研究会の会則及び報告事項
◎編集後記

著者プロフィール

方谷研究会

山田方谷の業績や足跡について、調査発掘を行い、歴史学的研究とその成果の普及を目的とする研究会。
朝森要元吉備国際大学非常勤講師(研究会会長)や故・太田健一山陽学園大学名誉教授らが発起人となり、2012年6月に設立。
教育者や歴史愛好家、会社員や公務員をはじめ、山田方谷に関心を寄せる有志が会員となり相互に研究と交流を図っている

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP