書籍紹介

林源十郎商店物語

著者 林源十郎商店物語編集委員会 (編)
発行吉備人出版
仕様 B5判 並製本
ページ数 225ページ
価格本体2,300円+税
ISBN978-4-86069-522-4  C0021
初版年月2020年3月
書店発売日2020年4月20日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

青年時代の大原孫三郎に石井十次を紹介し、地域への奉仕を目覚めさせた11代源十郎をはじめ、江戸から明治にかけて、倉敷にキリスト教と社会奉仕の精神を根付かせた林家。

新薬やワクチンの開発製造、販売を通じて医療の発展に貢献した林源十郎商店の360年にわたる歴史をたどる。

 

 

目次

目次
Ⅰ 「紀伊國屋」創業以前−黎明期−
 (1)薬業の歴史
 (2)倉敷の歴史-古代から江戸時代-
Ⅱ 「紀伊國屋」から「大坂屋」へ−初代から七代目まで−
 (1)林家と系図
 (2)大坂屋林家の屋敷地
 (3)「大坂屋」改称と時代背景
 (4)新禄・古禄騒動
Ⅲ 中興の祖・八代孚一(源介)
 (1)人物像
 (2)社会貢献
 (3)家訓・家政
Ⅳ 時代の大転換期の中で
 (1)九代大坂屋源助懐徳
 (2)十代源十郎伴臣
 (3)岡山薬学校の創設-中川横太郎と十代源十郎-
 (4)この頃の薬業界
Ⅴ 十一代源十郎(甫三)の人となりと交友
 (1)キリスト教と十一代源十郎
 (2)大原孫三郎との出会い
 (3)林源十郎商店と社会主義者
 (4)同心戮力
Ⅵ 近代的会社組織「林源十郎商店」へ
 (1)大坂屋・明治中期の営業の概要
 (2)流通と宣伝
 (3)支店拡大
Ⅶ 林源十郎商店の発展-十二代源十郎(彪太郎)−
 (1)十二代源十郎
Ⅷ 製薬事業への進出
 (1)医薬品の製造
 (2)製薬事業への本格的飛躍
資料

著者プロフィール

林源十郎商店物語編集委員会

林源十郎商店は平成9年(1997)に株式会社エバルスとなり、編集委員会は株式会社エバルスのOBと社員で構成され、平成15年から林源十郎商店物語の編纂に取り組んできた。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP