書籍紹介

おかやまの文化財 建築

978-4-86069-503-3
著者 臼井 洋輔 (著)
発行吉備人出版
仕様 B5判 並製本
ページ数 106ページ
価格本体1,200円+税
ISBN978-4-86069-503-3  C0020
初版年月2017年5月
書店発売日2017年5月30日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

シリーズ「おかやまの文化財」第2弾!
文化財との対話から見えてくる“不変の本質”
数々の建築物の復元に立ち会い、当時の大工の知恵と建築技術の高さに触れた著者が、代表的な建築物を紹介し、そこから読み取れる「岡山文化」を解説。
豊富なカラー写真・図版  
小学生から一般まで読みやすいふりがな付き

目次

鶴の棲む草葺民家
吉川八幡宮本殿(国指定重要文化財)
旧閑谷学校講堂(国宝)
吉備津神社本殿と拝殿(国宝)
本蓮寺本堂(国指定重要文化財)
大橋家住宅(国指定重要文化財)
正楽寺山門(県指定重要文化財)
旧遷喬小学校(国指定重要文化財)
旧吹屋小学校(県指定重要文化財)
京橋
古代の復元家屋
銅板葺屋根(五香宮)
岡山県立津山高等学校本館(旧岡山県津山中学校、国指定重要文化財)
穴門と山神社本殿及び拝殿(県指定重要文化財)
岡山の全塔(五重塔・三重塔・多宝塔)
〔コラム〕ブータンと日本の建築
〔コラム〕バタン島と日本の弦付大鋸

著者プロフィール

臼井 洋輔

1942年岡山県玉野市生まれ。岡山大学法文学部卒業、岡山大学大学院博士課程修了(文学博士)。
日本考古学協会会員、日甲研岡山県支部長、岡山県文化振 興審議会会長、福武教育文化振興財団理事、岡山県文化財保護協会理事、岡山県郷土文化財団評議員、林原美術館評議員など。

主な著書に、『正阿弥勝義の世界』 『岡山の文化財』『岡山の宝箱』『謎を秘めた古代ビーズ再現』『文化探検岡山の甲冑』『おかやまの文化財〔工芸・史跡〕』など多数。
「黒正賞」(岡山大学)、「福武文化賞」(福武教育文化振興財団)、「山陽新聞賞文化功労」(山陽新聞社)、「岡山県文化賞」(岡山県)などを受賞。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP