書籍紹介

鬼山砦の小悪党

近刊
著者 川島 英子 (著)
発行吉備人出版
仕様 B6変 並製本
ページ数 153ページ
価格本体900円+税
ISBN978-4-86069-582-8  C0093
初版年月2019年6月25日
発売予定日2019年7月5日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

美咲町に住む中学生の光が、
中世のムラにタイムスリップ。
そこには、「鬼山」に砦を築き、
野武士などから地域を守る人たちがいた。
その集団を率いていたのは、
光と同世代の女の子…

現代と中世を行き来する光を通して、
中世のムラを守る人々を描く物語。
〈小学校高学年以上を対象とした児童書〉

著者プロフィール

川島 英子

岡山県久米郡美咲町に生まれる。津山高校、岡山大学教育学部卒。小学校教諭の後、専業主婦。 岡山市市民の文芸賞、随筆「通夜の雨」で市長賞。岡山市市民の童話賞、童話「うちの子、知りませんか」は最優秀賞。児童文学「螢のブローチ」で、岡山県文学選奨入選。読売ファミリー童話大賞に「白いパラソル」が優秀賞に入選。 著書は、児童文学「螢のブローチ」「ぎゅっとだいて」「白いパラソル」。童話「月夜のシャボン玉」。短歌の歌集に、「櫻吹 雪」「渓のせせらぎ」がある。 日本児童文芸家協会、日本児童文学者協会会員。いちばんぼし童話の会「いちばんぼし」、岡山児童文学会「松ぼっくり」同人。短歌誌「麓」同人。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP