新刊情報

新刊の情報です。

>>本のご注文はコチラ
>>既刊本はコチラ



>>2018年2月

▼改訂版 福山・軽部山・日差山登山詳細図 吉備路観光コース付き全39コース 1:12,500


■書名:改訂版 福山・軽部山・日差山登山詳細図
■サブタイトル:吉備路観光コース付き全39コース 1:12,500
■著者:作成・解説:守屋益男(元勤労者山岳連盟会長)、踏査・総括:山内淳之介、踏査リーダー:麻田永朔/松下隆也/難波淳治/成友 博
■ページ数:B1判変型(690ミリ×998ミリ)片面刷1枚、折畳サイズ110mm×230mm(ビニール袋入)
■定価:本体500円+税
■仕様:オールカラー 地図用特殊紙使用
■ISBN978-4-86069-538-5 C0326 Y500E
■発行日:2018年2月28日
■内容:
福山・軽部山・日差山登山詳細図 待望の改訂版が完成!

倉敷市、総社市、岡山市の境界を東西約9キロにわたって連なる、軽部山(244m)・福山(302m)・日差山(227m)の山塊は、標高は低いものの自然林が多く残され、山塊の北を旧山陽道が通じ、作山古墳、造山古墳、備中国分寺などの名所旧跡があり、登山と観光を一体化したコースを形作っている。
2009年8月、この塊を「福山・軽部山・日差山 登山詳細図」として作成、発行。その後9年の歳月が流れ、道路、山道などが変化。現地踏査を行い、基礎データーを計測、集積。本図はそれに基づいて作成したものである。縮尺1万2500分の1

● 踏査期間2016年10月〜2017年3月。14名が参加、延べ113日間行い、GPS(地球測位システム)で正確なコースを割り出し、ロードメジャー(回転式距離計)で地点間の距離を計測した。

●この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分1地形図を複製。(承認番号 平29 中複 第20号))

■著者プロフィル:

守屋益男(もりや・ますお)

1935年岡山市生まれ。日本勤労者山岳連盟顧問。山陽カルチャーマウンテンクラブ顧問。山陽登山入門講座講師。
23歳から登山を始め、国内では県内から中四国の主な山、日本百名山すべてに登頂。海外ではモンブラン(4,807m)、キリマンジャロ(5,895m)、アララット山(5,123m)、エルブルース(5,642m)、キナバル山(4,095m)、マウナロア(4,158m)、漢拏山(1,950m)、玉山(3,952m)等にすべて登山隊長として登頂。1994年、未踏峰 天山・カシカール峰(6,347m)へ登山隊総隊長として参加、6名が初登頂。聖山カイラス巡礼(5,668m)2回。ゴーキョピーク(5,367m)、チョモランマBC、K2BC等をトレッキング隊長として踏破。2016年1月、80歳でキリマンジャロ最高地点ウフルピーク踏破。
著書に「岡山の山百選」(山陽新聞社)。「中四国兵庫の山百選」(山陽新聞社)。「海外トレッキング入門」(共著=大月書店)。「新ルート岡山の山百選」(監修=吉備人出版)。登山詳細図の踏査は、「熊山」「龍ノ口・金山」「福山・軽部山・日差山」「鬼城山塊」「高尾山・景信山・陣馬山」「奥多摩東部」「操山・半田山・楢津山・矢坂山」「六甲山系/西編」「同/東編」(各吉備人出版)など。

山内淳之介(やまうち・じゅんのすけ)  

1937年愛媛県松山市生まれ。2005年「山陽登山入門講座」(山陽新聞主催)受講を契機に、EverydaySunday生活の健康維持・増進を目標に登山を始める。同年山陽カルチャーマウンテンクラブ(SCMC)に入会。2006年登山学校基礎マスターコース(岡山県勤労者山岳連盟主催)受講。SCMCの会山行をメインに登山を楽しんでいる。国内では大山、石鎚山、剣山などの中四国近郊の山や、立山、木曽駒ヶ岳、宝剣岳、焼岳、鳥海山、早池峰山、岩木山などへ登頂。海外にもファウルホルン(スイスアルプス)、フェヤビューマウンテン(カナディアンロッキー)、ミルフォードトレッキング(ニュージーランド)のツアー登山に参加。
登山詳細図の踏査では、「熊山」「龍ノ口・金山」「福山・軽部山・日差山」「鬼ノ城山塊」「高尾山・景信山・陣馬山」「操山・半田山・楢津山・矢坂山」「遥照山・御嶽山・沙美アルプス」「矢掛の山」「泉山」「和気アルプス」「六甲山系」に参加。

>>本のご注文


▼エアロMECIA〜夢への挑戦

■書名:エアロMECIA〜夢への挑戦(エアロメシアプロジェクトユメヘノチョウセン)
■サブタイトル:手積み真空法によるオールカーボン繊維製有人電動飛行機の造り方
■著者:水島工業高校MECIAプロジェクト・編著
■発行:水島工業高校同窓会
■発売:吉備人出版
■仕様:A5判 並製本オールカラー CD付き
■頁数:172頁
■定価:本体1,500円+税
■ISBN:978-4-86069-533-0 C0053
■発行日:2018年2月28日
■内容:
施設も設備も資料も技術もお金もない……工業高校の教師と生徒たちの夢への挑戦。
足かけ7年、小型有人電動飛行機完成までの悪戦苦闘の記録。

水島工業高校創立50周年記念事業としてスタートした「エアロメシアプロジェクト」。それは、「太陽光や燃料電池を利用した一人乗り飛行機を開発し、世界初を目指す」という夢のようなものだった。それから7年後の平成27年10月、全長6.5メートル、両翼幅14メートルの機体は見事空中へ羽ばたいた。

本書は、「99%無理だ」といわれた挑戦にトライした教師と生徒たちの詳細な記録。

※付属のCDの内容とご注意(エアロMECIA製作記録写真(JPEG)、ジャンプ飛行動画(mpj形式で再生)、機体CAD画面(※図面表示にはCADソフトが必要です))※CD複製禁止

■「発刊の言葉」より
工業高校生が夢を追いかけ、無謀とも言える次世代の飛行機に挑み、汗を流して完成にこぎつけ感涙した姿や、試行錯誤の姿に触れていただけたらと思っています。

■目次

発刊の言葉

発刊によせて

はじめに

第1章 生徒の心と技術と数値の戦い

第2章 挑んだ4つの模索

第3章 機体の形状と設計

第4章 原型とメス型

第5章 炉・スケルトン成型と各部物性試験

第6章 CFRP成型

第7章 電源・動力系統及び電気計装と塗装

第8章 エピソードと生徒回想文

年表

索引

編集後記

協力いただいた企業

製作担当者

■著者プロフィル:
岡山県立水島工業高等学校

倉敷市水島地区を中心とした産業界で活躍できる人材の育成を目的に、昭和37(1962)年に設立。創立以来、本格的なものづくり教育を行ってきたが、平成15年度からは、環境教育の視点でものづくりを行う「MECIA(メシア)プロジェクト」を立ち上げ、学科を越えた「本物のものづくり」に取り組んでいる。

所在地:岡山県倉敷市西阿知町

●メシアプロジェクト
MECIA(メシア)とは、同校の専門5科(機械科:M、電気科:E、工業化学科:C、情報技術科:I、建築科:A)の生徒、教員が学科の枠を越えて連携・協力し、ものづくりを行うプロジェクトであることから、各専門科の略称から「MECIA」と命名した。

創立当時から、放課後を利用した自由研究が盛んで、各科競い合いながら研究に没頭していた。併せて、学校備品等も科の特徴を活かし、製作するようになり、科を越えての協力体制が形成されて行った。各科別の研究は無論のこと、エキスパートである5科の生徒が結集されれば、さらに、高度な技術力を必要とする物が造れるのではなかろうかと、取り組んでいるのが、このメシアプロジェクトである。
(執筆者:三宅秀俊、坪井輝明、服部亮一)

>>本のご注文


恕(じょ)の人 犬養毅



■書名:恕(じょ)の人 犬養毅
■著者:今西宏康
■仕様:四六判 並製本
■ページ数:176頁
■定価:本体1,300円+税
■ISBN:978-4-86069-539-2 C0023
■発行日:2018年2月5日
■内容:
「戦はするもんでない……負け戦はなおさらじゃ」―
万年野党の党首に甘んし?ながらも、76歳で「最後の政党内閣」を組閣。
軍部の暴走、「満州事変」の早期収拾にあたるが、1932年5月15日「五・一五事件」で無念の死を遂げる。
『昭和天皇実録』などの新資料を元に、「憲政の神様」と呼ばれた反骨政治家の生き様と死に様を見つめ、その実像に迫る。

■目次

一  川入村
二  上京 
三  慶応義塾 
四  西南戦争  
五  自由民権  
六  大隈 
七  秋田 
八  出馬 
九  藩閥体制 
一〇 孫文 
一一 政友会 
一二 日露戦争 
一三 大正政変 
一四 万年野党 
一五 震災 
一六 普選法 
一七 昭和天皇 
一八 統帥権 
一九 満州事変 
二〇 大命降下 
二一 上海 
二二 五・一五 

あとがき 

■著者プロフィル:
今西 宏康(いまにし・ひろやす)
昭和39年兵庫県神戸市生まれ。昭和58年岡山県立岡山大安寺高等学校卒業。平成元年筑波大学社会学類卒業。新日本製鐵入社。平成7年岡山に帰郷。伯父・父の事業に参画。平成19年今西農園開設。平成29年合同会社オフィスイマニシ設立。岡山の地方創生に一石を投じようと人物伝の執筆を開始する。

>>本のご注文



▼聞く、書く。第6号 聞き書き人の会 会報誌 第6号



■書名:聞く、書く。第6号
■サブタイトル:聞き書き人の会 会報誌 第6号
■著者:聞き書き人の会・編著
相澤麻有子/古宮真由美/小山明子/小山博子/佐藤伸隆/正保潤子/辻 真帆/中司廣志/人見裕江/文屋 泉/森光康江/山川隆之(五十音順)
■発行:聞き書き人の会
■発売:吉備人出版
■仕様:A5判 並製本
■ページ数:157頁
■定価:本体価格500円+税
■ISBN:978-4-86069-540-8 C0095
■発行日:2018年1月31日
■内容:
「聞き書き人の会」の会報誌第6号。テーマは「人の記憶を共有する」。

人々の記憶を記録することが、地域のこれからとどう結びついてくのか。
医療、福祉、教育……さまざまな分野、場面で、聞き書きは少しずつ広がりをみせている。
地域とのかかわりを考えながら、人々の記憶に寄り添ってきた1年間の活動を作品集としてまとめた。収録した聞き書きは10作品。

■目次:
・地域の記憶と聞き書き 山川隆之

・聞き書き/子ども3人はお好み焼きで育てました 中司廣志

・聞き書き/雲海の立ち込める山上の暮らし 小山博子

・聞き書き/うちの完ちゃんはいい人だったから、
      みんなによくしてもらって、私は幸せ 人見裕江

・聞き書き/僕の青春 辻 眞帆

・聞き書き/苦しみの毎日だったけど、私にも熱い青春があったよ 古宮真由美

・聞き書き/砲弾の中で過ごした20代 文屋 泉

・聞き書き/ガタガタした帽子もいいじゃねえか 相澤麻有子

・聞き書き/江道橋のたもとで佐藤伸隆

・聞き書き/米寿を迎える父 森光康恵

・聞き書き/地域の語りを聞く 正保潤子

・エッセイ/「聞き書き」に出会って 小山明子

■著者プロフィル:
聞き書き人の会(ききがきびとのかい)

地域の歴史を、聞き書きを通して後世に伝えようと、2011年4月に発足。
聞き書きは、語り手と聞き手が対話を重ねて、語り手の人生や思いを「話し言葉(聞き書き言葉)で文章化」していく共同作業。月1回の例会で「聞き書き」の技術を学び合い、記録(作品)をまとめた会員の作品集「聞く、書く。」を年に1回発行している。

>>本のご注文



>>2018年1月

▼アートの島 犬島へ



■書名:アートの島 犬島へ
■シリーズ名:吉備人選書15
■著者:在本桂子
■仕様:新書判 並製本 4色カバー巻き
■ページ数:192頁
■定価:本体1,000円+税
■ISBN: 978-4-86069-528-6 C0095
■発行日:2018年1月28日
■内容:
瀬戸内海の小さな小さな島に起きた大きな大きな変化。
犬島で生まれ育った在本商店のおばちゃんが、変化していく島の軌跡をつづった地域への愛にあふれた一冊。

福武總一郎氏の推薦!
「犬島に住んで犬島の歴史、自然、魅力を知り尽くした在本桂子さんは、アートの島に生まれ変わりつつある過程をずっと見守ってくださっています。本書を手に、犬島と犬島に魅せられた創造者たちの物語を堪能してほしいですね。」(瀬戸内国際芸術祭総合プロデューサー・福武總一郎)

■著者プロフィル:
在本桂子(ありもと・けいこ)
1944 年岡山市東区犬島生まれ。地元で90 年ほど続く在本商店経営。「犬島作家」として島の歴史や風物、風習などについての書籍執筆や、雑誌・新聞への投稿、講演会などでも活動中。また、犬島再発見の会(2012 年岡山県備前県民局「夢づくり推進賞」受賞)代表を務め、島の情報の発信をはじめ、島内の案内を通して来島者に犬島の魅力を伝えている。いちばんぼし童話の会所属。西大寺郷土芸能フェスティバル実行委員(2002 〜 2016 年)、福武教育文化振興財団助成審査委員(2007 〜2012 年)、岡山市東区区づくり推進事業審査委員(2012 〜 2016 年)を務める。

■目 次:
はじめに

第1章 〈 アートの島のはじまり 〉
・アートの島への初めの一歩 岡山城築城400年記念イベント
・「未来に生きるモアイ計画」 アートの始まりの石像を大学生が制作
・犬島アーツフェスティバル 「維新派」が島にやって来た

第2章 〈 犬島精錬所美術館 〉
・近代化産業遺産登録を経て美術館へ 精錬所の変遷と島の再生
・「犬島精錬所美術館」の誕生 「在るものを活かし、無いものを創る」
・犬島に魅了されて美術館を構想 アーティスト 柳 幸典
・循環型社会のモデルとなるような美術館 建築家 三分一博志
・犬島の環境に合わせた植栽を計画 岡山大学環境理工学部 沖 陽子
・エナジーホールに巨大な一枚岩を入れ込む 昔気質の石工職人 吉川 満

第3章 〈 瀬戸内国際芸術祭 〉
・過疎の島を希望の象徴に 現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」
・「家プロジェクト」設計担当 日本を代表する建築家 妹島和世
・自ら選んだアーティストの作品を展示 アーティスティックディレクター 長谷川祐子
・「家プロジェクト」オープニング作品 アーティスト 柳 幸典
・華やかな作品が観る人を魅了 アーティスト 荒神明香
・発砲ポリウレタンを使った躍動感あふれる作品 アーティスト 名和晃平
・石切り場を野球場に見立てて アーティスト ジュン・グエン=ハツシバ
・石職人たちの家跡で太古の声を聞く アーティスト 淺井裕介
・約一〇〇人の団員が島に住み込んで会場設営 劇団「維新派」
・折り紙の展開図のようなアート作品 アーティスト 小牟田悠介
・広くて開放的な空間に射しこんだ光の線 アーティスト 下平千夏
・繰り広げられる迫力のパフォーマンス ハイパーパフォーマンスグループ「MuDA」
・映像・音楽とともに身体表現の可能性を追求 ダンス・カンパニー 「ニブロール」
・島の音の発見・観察・再構築 ギタリスト・ダクソフォン奏者 内橋和久
・均整のとれた肉体が躍動 振付師 ダミアン・ジャレ × 舞台美術 名和晃平3
・「犬島くらしの植物園」完成を夢見て 造園アーティスト 「明るい部屋」

第4章 〈 犬島時間 〉
・アートを通じて島の魅力を発信 「犬島時間」代表 青地大輔
・錫とガラスを組み合わせてユーモラスな動植物を創作 造形作家 細見博子
・犬島らしい素材を使って感受性豊かな作品 版画家 小野耕石
・日常にありふれた素材をアートに アーティスト 高本敦基
・地域に根づいたアーティストを目指して 彫刻家 片山康之 
・エゴン・シーレの世界を立体化 人形作家 宮崎郁子
・犬島ガラスで人柄あふれる作品づくり ガラス作家 中野由紀子
・「妖怪イヌジマ」を全国へ里子に アーティスト 石井葉子

第5章 〈 犬島に魅せられた人たち 〉
・劇団「維新派」主宰 松本雄吉氏に捧げる
・移動する野外劇を演出 パフォーマー 小野寺修二
・岡山の演劇界に貢献 NPO法人「アートファーム」理事長 大森誠一
・犬島?宝伝間を毎日往復 定期船「あけぼの丸」船長 豊田一男・大将
・「犬島の島犬」が島を見守ります 造形作家 川埜龍三
・「XXXX THE JAMBOREE」開催 「trees 」代表 南波伸樹
・広い庭でゆっくり寛げる 島めぐりに最適なカフェ 「Ukicafe」店主 乙倉 慧
・写真集「犬島『家プロジェクト』」発刊 建築家 周防貴之
・小さな国際交流 オランダからのお客さま
・食を通じて犬島をアピール 「いぬじまのんびりくっきー」
・島限定の缶バッジ 犬島ゆかりの「おきな丸」
・おわりに
・犬島へのアクセス
・犬島さんぽマップ&ガイド
・犬島のあゆみ
・@先史〜大正
・A昭和
・B平成

>>本のご注文

▼民衆と戦争



■書名:民衆と戦争
■著者:岸 徹
■仕様:四六判 並製本
■頁数:129頁
■定価:本体1,600円+税
■ISBN:978-4-86069-537-8 C0095
■発行日:2017年12月25日
■内容:
特定秘密保護法、集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法、そして共謀罪の制定……こうした政治状況のなかで「私たちはどこまで否と言うことができるのか」が問われている。
ベンジャミン・ブリテン「戦争レクイエム」、ルイージ・ダッラピッコラの作品をもとに、戦争を二度と繰り返さない意志を芸術のなかに探る異色作。

■著者プロフィル:
岸 徹(きし・とおる)
1948年 岡山市生まれ
1981年 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程 学修
主著『マルクスと初期社会主義』『民衆と革命』(いずれも吉備人出版)

>>本のご注文

▼愛晴れ!フルーツ王国おかやま



■書名:愛晴れ!フルーツ王国おかやま(あっぱれ!ふるーつおうこくおかやま)
■著者:小玉康仁 編集協力:小玉奈美子 永末 博
■発行:小玉康仁
■発売:吉備人出版
■仕様:A5判、並製本、オールカラー
■ページ数:128頁
■定価:本体価格1,000円+税
■ISBN:978-4-86069-535-4 C0061
■発行日:2017年12月20日
■内容
「マスカットとシャインマスカットはどう違う?」
……ブドウとメロンを中心に岡山の果物を扱って30年以上のキャリアを持つ、果物の卸売り会社6代目社長が、フルーツの文化や歴史、そしてその特性を多くの方に知ってもらおうと地元FMラジオ局で番組パーソナリティを担当。本書は、岡山シティエフエム「RadioMOMO(レディオモモ)」の番組「愛晴れ!フルーツ王国おかやま」全12回を編集したもの。

■著者プロフィル
小玉康仁(こだま・やすひと)
小玉促成成果株式会社社長。
岡山市北区内山下にある果物の卸売り会社6代目社長。ブドウとメロンを中心に岡山の果物を扱って30年以上のキャリアを持つ。フルーツの文化や歴史、そしてその特性を多くの方に知ってもらおうと、果物に特化した番組を企画。自ら地元FMラジオ局で番組パーソナリティを担当した。

■目次
第1回 フルーツ王国事始め

第2回 初平が築き上げた Made in 岡山のフルーツ
…ゲスト 濱島敦博(吉備国際大学地域創成農学部准教授)

第3回 努力と研究が育てた岡山の果実
…ゲスト 岡本五郎(岡山大学農学部名誉教授、農学博士)

第4回 技術の集積がおいしいフルーツを誕生させる
…ゲスト 岡本五郎(岡山大学農学部名誉教授、農学博士)

第5回 岡山で驚きのマンゴー栽培
…ゲスト 神宝貴章(神宝あぐりサービス代表取締役)
     大塚美貴(神宝あぐりサービス農園長)

第6回 マスカット奮闘記
…ゲスト 平本純代(ぶどう部会分会長)

第7回 女性に嬉しい夏のフルーツ「岡山の桃」
…ゲスト 今井 敦(フルーツランド岡山代表取締役)

第8回 岡山の桃は世界一
…ゲスト 今井 敦(フルーツランド岡山代表取締役)

第9回 技術が輝く岡山のぶどうづくり
…ゲスト 佐々木靖正(船穂町ぶどう部会副会長)

第10回 歴史が育くむピオーネ王国おかやま
…ゲスト 大月健司(岡山県果樹研究会会長、ブドウ部会部会長)

第11回 挑戦する情熱が次世代フルーツを誕生させる
…ゲスト 大月健司(岡山県果樹研究会会長、ブドウ部会部会長)

第12回 岡山生まれのファジアーノカラー「紫苑」
…ゲスト 林 修吾(岡山県温室園芸農業協同組合理事)

あとがき

■あとがきから
2014年4月から9月まで月2回のペースで12回、岡山シティエフエムFM790「RadioMOMO(レディオモモ)」で30分番組「愛晴れ!フルーツ王国おかやま」に出演させていただきました。パーソナリティにはJA岡山でフルーツのPRを担う「フレッシュおかやま」の経験をされていた大熊沙耶さんが担当されるということもあってフルーツの話題で盛り上がりました。  
今までフルーツをテーマとしたラジオ番組はフルーツ王国岡山でも初めてだと思います。
この番組を通して、岡山のフルーツの素晴らしさを感じ取っていただき、実際食べていただき、その美味しさを実感していただきたいという思いから半年間番組を続けさせていただきました。その思いを書籍と言う形で残し、岡山の果樹栽培の一助となれば幸いです。

>>本のご注文



>>2017年12月

おかやまの炭焼き



■書名:おかやまの炭焼き
■著者:立石憲利(たていし・のりとし)
■仕様:B5判、並製本、4色カバー巻
■ページ数:194頁(口絵カラー16頁、本文モノクロ178頁)
■定価:本体3,000円+税
■ISBN:978-4-86069-536-1 C0039
■発行日:2017年11月30日
■内容
日本の伝統工芸に欠かすことのできない炭。現在ではほとんど姿を消してしまい、しかも炭焼きについての調査、報告がほとんどなく、技術の継承も危うい状態である。
本書は、岡山県内の中山間地を訪ね、炭焼きについて調査、聞き書きしたものをまとめた貴重な報告書。

●あとがきから
「二〇一四年に伝統工芸木炭生産技術保存会が、刀鍛冶に使う松炭を焼いており、その調査報告書の作成を頼まれた。翌一五年も、炭窯造りの報告書を依頼された。詳しく炭焼きや炭窯造りを見たのは初めてのことだった。

そんななかで日本の伝統工芸に木炭は欠かすことができないと知らされた。日本刀は、鉄があり刀鍛冶がおればできるものではなかったのだ。刀の原料の鉄をつくるタタラ製鉄にも木炭が必要、刀の鍛造にも木炭がいる。つば(鐔)などの研磨にも木炭がいる…木炭なしには刀もできないのだと。

そんなことで、何か所か炭焼きについて聞き書きを行った。それらをまとめたのが本書である。」

■著者プロフィール
立石憲利(たていし・のりとし)

1938年、岡山県津山市で生まれる。長年にわたり民俗、民話の調査を続けている。採録した民話は約9000話。
民話の語りも行い、語り手養成のための「立石おじさんの語りの学校」を各地で開く。著書多数。
現在、日本民話の会会長、岡山民俗学会名誉理事長など。久留島武彦文化賞、岡山県文化賞、山陽新聞賞などを受賞。
岡山県総社市在住。

■目次
第一章 炭焼きの概観
一、江戸期に各地で良質炭生産/二、少ない炭焼きの調査報告

第二章 炭窯造り
一、はじめに/二、場所の選定/三、炭窯の設計図/四、L字ブロックの設置/五、土入れと突き固め/六、窯型を造る/七、炭材を立てる/八、焚き口/九、甲掛け/十、屋根工事/十一、初窯出し

第三章 黒炭を焼く
一、はじめに/二、炭窯三基で焼く/三、原木の伐採、運搬/四、木割り/五、窯に木を詰め込む/六、窯口作り/七、火入れ/八、炭出し/九、炭焼きの道具や機械/十、赤松の植林/十一、松炭焼きを支える組織

第四章 白炭を焼く
一、ホオノキ、アブラギリを焼く(笑楽窯)/二、白炭窯の築造(藤元窯) 

第五章 久米南町の炭焼き
一、久米南町の全間炭/二、製炭の勘所/三、全間の榊原窯

第六章 鏡野町の炭焼き
一、羽出の炭焼き/二、上斎原赤和瀬の炭焼き/三、上斎原寺ヶ原の炭焼き/四、大での暮らしと炭焼き/五、奥津温泉「星の里」の炭窯

第七章 新見市菅生の炭焼き
一、菅生の炭焼きはタタラが始まり/二、石川県の三五〇俵窯/三、兵庫県や朝鮮からも

第八章 「製炭講習録」にみる炭焼き
第二編 木炭の鑑別法
第三編 製炭法
    第一章 炭化法/第二章 築窯/第三章 製炭/第四章     岡山県奨励製炭窯築窯製炭法/第五章 炭化室容積計算法

第九章 炭焼き雑感
一、木炭生産のピークは戦争中/二、戦争中、多くの朝鮮人が炭焼きに/三、七十年以上炭焼きをした人/四、昔話の中の炭焼き

あとがき

>>本のご注文

トランプ政権と日米関係 (就実大学グローカルブック)


■書名:トランプ政権と日米関係 (就実大学グローカルブック)
■著者:就実大学経営学部・編
■仕様:A5判 並製本 4色カバー巻き
■ページ数:47頁
■定価:本体800円+税
■ISBN:978-4-86069-534-7 C0037
■発行日:2017年12月1日

■内容:
2017年9月22日に開催されたグレン・S・フクシマ特別講演会「トランプ政権と日米関係」(岡山経済同友会、就実大学経営学部共催)を収録。 

一貫性、予測性を好まず取引に重点を置いてきたトランプ氏
安定性、継続性、予測可能性、信頼性、長期的人間関係を重要視する日本
今の時点では とくに安全保障上などで良好な日米関係だが、今後注視が必要

日米両国を知り尽くすグレン・S・フクシマ(氏元在日米国商工会議所会頭・元米国大統領府通商代表部通商代表補代理)が、トランプ政権下の日米関係を解説

■著者プロフィル:

就実大学経営学部(しゅうじつだいがくけいえいがくぶ)

現代社会が抱える多様な問題について、主にビジネスの視点から学ぶ学部。グローカルなマネジメント能力を身につけるカリキュラムで理論や実践を学び、ビジネスプロフェッショナルでありしかもグローカルな人材を育成する。グローカル人材とは、グローバルな視野を持ちながら、ローカルなニーズに対応できる人のこと。創立110周年を迎えた2014年4月に設置。

■目次
開会のあいさつ 杉山慎策(就実大学副学長兼経営学部長)

開会の辞    松田 久(岡山経済同友会代表幹事)

特別講演会
「トランプ政権と日米関係」
グレン・S・フクシマ(元在日米国商工会議所会頭・元米国大統領府通商代表部通商代表補代理)

閉会のあいさつ  松田正己(岡山経済同友会代表幹事)

■閉会のあいさつ より
 
岡山経済同友会代表幹事 松田 正己

本日は就実大学と私ども岡山経済同友会の共催で、グレン・S・フクシマ先生をお招きしての講演会に、熱心にご聴講いただきありがとうございました。
フクシマ先生は、冒頭に杉山先生からご紹介がありましたように、80年代の日米貿易摩擦のころから米国の通商代表部でその調整に当たられ、またその後は経済人として、日本でいろいろな企業において第一線で活躍され、今はワシントンD.C.で活躍されているということで、日米関係を最も分かって熟知された先生から、本当に勉強になるお話を聞かせていただきました。
トランプ大統領というのは、その行動原理といいますか、政治も行政も知らず、また最初からオーナーのような立場で、組織の中で調整する経験もあまりない方だというお話でしたが、政治の眼目というのは調整であり合意形成であるはずなのに、敵をつくってそれと戦うという姿勢を続けているような感じだということがよく分かりました。そういう意味では、単純な行動原理で政治をやられているのかなと思いました。
ある意味で怖い面もありますけれども、安倍政権が来月の総選挙でどうなるか分かりませんが、たぶん安倍政権が継続されると思います。その安倍さんとの相性がいいということですので、11月に初来日ということでございます。トランプ大統領と安倍首相がどういう話をされるのかということも、今の話を伺う中で感じることも多々あろうかと思います。多くの示唆に富むお話だったと思います。本当に、今日はフクシマ先生、ありがとうございました。

>>本のご注文



>>2017年11月

▼山梨東部の山 登山詳細図/東編 全130コース 権現山 扇山 倉岳山 高柄山 1:16500


■書名:山梨東部の山 登山詳細図/東編 全130コース
■サブタイトル:権現山 扇山 倉岳山 高柄山 1:16500
■著者:作成・解説・踏査 守屋 二郎 / 登山詳細図原案・踏査 守屋益男
■仕様:B1判変型(685ミリ×1000ミリ)、折りたたみビニール袋入り=230ミリ×112ミリ、オールカラー 両面刷
■国土地理院承認番号 平29情複、第789号
※国土地理院1:25,000図名は「猪丸」「上野原」「大室山」「丹波」「七保」「大月」「都留」「与瀬」「青野原」「五日市」計10枚
■ページ数:両面刷
■定価:本体価格900円+税
■ISBN:978-4-86069-532-3 C0326
■発行日:2017年11月20日
■内容:
・山梨県東部、上野原、大月市を東西に貫くJR中央線沿線の南北には、権現山、扇山、倉岳山、高柄山などの首都圏のハイカーに人気の高い山々が連なっている。
・三頭山から高尾、陣馬へと連なる長大な笹尾根は、起伏も穏やかで歩き易く、ハイカー、ランナーに親しまれているが、その南北には、古くからの峠道が幾重にも越えており、それらを辿れば、味わい深い登山を楽しむ事が出来る。
・大菩薩嶺から東へ派生する尾根は、権現山へ至ったのち二つに分かれて、扇山方面、雨降山、要害山方面へと連なり、桂川の河岸段丘に没している。これらは本図の中核を成す人気のある山域である。
・中央線の南には、九鬼山から始まり、倉岳山、高柄山と繋がる長大な秋山山稜が横たわり、各山に沿線各駅から直接アプローチできることもあり、多くの登山者に愛好されている。
・かつての秋山村と道志村に挟まれた道志山塊は、山中湖から御正体山を経て本図域内の菜畑山、赤鞍ヶ岳、厳道峠へと連なっていて、山深さを味わう事が出来る。
◎これらのピークからは、秀麗な富士山の姿を真近から望むことができるものも多く、このエリア最大の魅力であるとも云える。
また、本図収録の山梨東部エリアは中世以来、甲斐郡内とも呼ばれていて、戦国期は武田方、小山田氏により支配され、合戦の際に戦況を伝達する為の狼煙台があった御前山と呼ばれるピークが多く残っている事等、歴史の浪漫を感じる事が出来るエリアである。

■著者プロフィル:
作成・解説・踏査:守屋二郎(モリヤ・ジロウ)
登山詳細図の会世話人
1967年岡山市生まれ。東京都在住。幼少の頃から山歩きを始め、成人してからは、沢登り、岩登り、山スキー(テレマーク)を志す。テレマークスキーでは、越後駒ヶ岳滝ハナ沢初滑降(4月)、黒部横断(3月)等がある。海外では、スイスアルプス、チナールロートホルン(4221m)南西稜等に登る。登山詳細図シリーズの踏査には9年前から参加。現在、登山詳細図シリーズの世話人として作成、踏査、販売促進を担当。
週末は小仏峠にて直接登山者と接し、登山詳細図シリーズの販促活動を行っている。
著書「奥多摩登山詳細図/西編」「奥多摩登山詳細図/東編」「東丹沢登山詳細図」「西丹沢登山詳細図」「2万5千分の1登山詳細図/丹沢」など(吉備人出版)。

登山詳細図原案、踏査:守屋益男(モリヤ・マスオ)
日本勤労者山岳連盟顧問。山陽カルチャーマウンテンクラブ顧問。山陽登山入門講座講師。
23歳から登山を始め、国内では県内から中四国の主な山、日本百名山すべてに登頂。海外ではモンブラン(4,807m)、キリマンジャロ(5,895m)、アララット山(5,123m)、エルブルース(5,642m)、キナバル山(4,095m)、マウナロア(4,158m)、漢拏山(1,950m)、玉山(3,952m)等にすべて登山隊長として登頂。1994年、未踏峰 天山・カシカール峰(6,347m)へ登山隊総隊長として参加、6名が初登頂。聖山カイラス巡礼(5,668m)2回。ゴーキョピーク(5,367m)、チョモランマBC、K2BC等をトレッキング隊長として踏破。
著書「岡山の山百選」(山陽新聞社)。「中四国兵庫の山百選」(山陽新聞社)。「海外トレッキング入門」(大月書店)共著。「新ルート岡山の山百選」(吉備人出版)監修。「熊山登山詳細図」「龍ノ口・金山登山詳細図」「福山・軽部山・日差山登山詳細図」「鬼城山塊登山詳細図」「高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図」「奥多摩東部登山詳細図」「操山・半田山・楢津山・矢坂山登山詳細図」「六甲山系登山詳細図/西編」「同/東編」(各吉備人出版)など。

>>本のご注文

▼瀬戸内シネマ散歩V



■書名:瀬戸内シネマ散歩V
■著者:鷹取洋二(たかとり・ようじ)
■仕様:A5判、並製本4色カバー巻、オールカラー
■頁数:233頁
■定価 本体1,400円+税
■ISBN978-4-86069-529-3 C0095
■発行日:2017年11月15日

■内容
「集金旅行」から、「UDON」「はやぶさ」「ひるね姫」「男はつらいよ」シリーズまで、無類の映画ファンの著者が、名画の舞台となった町、村、島を訪ね、時にはその映画にかかわった人々と語り合い、映画に思いを重ねる……。
木々の緑が深い中国山地、瀬戸内の海に浮かぶ小さな島、歴史の重みを感じさせる城下町、港町……懐かしの名作や近年の話題作の舞台を追って、中国5県、四国は香川・徳島、兵庫にまで足を伸ばす、映画と地域への愛情にあふれた紀行シリーズ『瀬戸内シネマ散歩』第3弾!

■目次
第1部
●「集金旅行」のロケ地を歩く
はじめに
プロローグ
岩国編
山口編
萩編
松江編
瀬戸田編
徳島・鳴門編

第2部
●シネマで散歩
○“もも”と“ココネ”が歩いた港町
「ももへの手紙」広島県呉市豊町大崎下島
「ひるね姫〜知らないワタシの物語〜」岡山県倉敷市児島、下津井

○原爆の悲劇は今も……
「夢千代日記」兵庫県新温泉町湯村温泉
「ふたりのイーダ」岡山県岡山市、赤磐市、瀬戸内市

○故郷への熱い想いと優しいまなざし
「UDON」香川県坂出市、丸亀市、琴平町、満濃町
「種まく旅人〜夢のつぎ木〜」岡山県赤磐市、岡山市

○男と女の哀しい愛とホットな戦い
「海峡」岡山県笠岡市神島
「はやぶさ HAYABUSA」岡山県真庭市
「レオニー」香川県善通寺市

○“寅さん”と名作への想い新たに……
「男はつらいよ 寅次郎の告白」鳥取県鳥取市、倉吉市、八頭町、河原町
「東京家族」広島県大崎上島町

○胸キュンの聖地を歩く
「君と100回目の恋」岡山県瀬戸内市牛窓、総社市、香川県善通寺市

あとがき

■著者プロフィル
鷹取洋二(たかとりようじ)
1944年岡山県勝田郡勝田町(現在美作市)生まれ。
68年岡山放送株式会社(OHK)入社。編成、営業、報道各局 長、取締役、監査役を経て07年、同社を退社。09年まて?同社顧問。09年?12年おかやま魁代表。
映画大好き人間。「好きな映画は ?」と問われると、邦画て?は「関の彌太っへ?」(監督 / 山下耕作、主演 / 中村錦之助)、洋画て?は「冒険者たち」(監督 / ロヘ?ール・アンリコ、主演 / リノ・ウ?ァンチュラ、シ?ョアンナ・シムカス、アラン・ト? ロン)と答えている。
著書に『瀬戸内シネマ散歩』『瀬戸内シネマ散歩U』(いずれも吉備人出版)、『岡山大学を歩く』(共著、書肆亥工房)。
岡山県立津山高校、岡山大学法文学部史学科卒。岡山県赤磐市在住。

>>本のご注文



>>2017年10月

▼やさしき神の手



■書名:やさしき神の手
■サブタイトル:短編小説集
■著者:有木きょう子
■定価:本体1,500円+税
■仕様:A5判、並製本、4色カバー巻
■ページ数:270頁
■ISBN:978-4-86069-531-6 c0093
■発行:2017年10月22日発行

■内容:
あなたの最も関心のあるテーマがこの短編集のなかにすべて凝縮している ―

長寿も若さも美しさも、そして人間の知能をもったロボットまで手に入れた人類。次なる野望は神の領域の征服か。
異常気象、地震、伝染病は神の怒りか、それとも人間の驕りへのしっぺ返しか?
科学がわれわれにもたらすのは幸福なのか、それとも悲劇か。
最後まで息をつく間も与えぬサスペンスタッチの6編。

■著者プロフィル:
有木きょう子(ありき・きょうこ)

本名 有木恭子
1948年 岡山県真庭市に生まれる
1971年 岡山大学文学部卒業
2000年 岡山大学人間科学研究科博士課程修了(文学博士)

所属 岡山大学(非常勤講師)
   岡山エッセイスト協会会員

著書(学術研究書を除く) 
エッセイ集『時の翼にのって』(月刊Q発行 1990年)
エッセイ集『変身の箱』(CELT出版 1997年)
エッセイ集『夢の買いもの』(CELT出版 2000年)
エッセイ集『目からうろこの人生レシピ読本』(大阪教育図書 2012年)
短編集『運命の糸車を廻すのはだれ』(吉備人出版 2004年)
短編集『上弦の月』(吉備人出版 2008年)
短編集『マドンナたちの季節』(山陽新聞出版センター 2013年)

■目次:

やさしき神の手
クロイドンの呪い
飛べない蝶
命の値段
天国に一番近い村
最期の審判

あとがき

■あとがき
今回で四冊目となる短編集を出版しようと思い立ったのには小さな理由があります。これまでにわたしが出版した短編集を読んでくださった岡山の文芸同人誌の方々、また高齢者施設の皆さまからぜひ次の作品を読みたいというリクエストを何通もいただいていたからです。しかし、仕事に追われてなかなか出版作業に取りかかれませんでした。このたびようやくそのご要望に応えることができ、ほっとしています。無名の物書きであるわたしの作品を楽しみにしてくださる読者がいることは、わたしにとって大きな励みです。
 この作品には六編の短編が収められています。これらのうち四編は『季刊山陰』に掲載されたものですが、「やさしき神の手」「命の値段」は加筆修正をほどこしてやや長い作品にしあげたものです。

>>本のご注文

▼新版 晴れの国おかやま検定公式参考書


■書名:新版 晴れの国おかやま検定公式参考書
■著者:吉備人出版編集部・編
■仕様:四六判、並製本
■ページ数:218頁
■定価:本体1,300円+税
■ISBN:978-4-86069-527-9 C0026
■発行日:2017年10月11日
■内容:
最新データによる改訂新版。
岡山商工会議所と岡山県が実施する「晴れの国おかやま検定」の公式参考書として岡山に関する事項から主要なものをピックアップして解説。
2015年に刊行した『晴れの国おかやま検定公式参考書』の内容を元に、最新データに修正、再編集しコラムをプラスしてリニューアル。
穴埋め式の問題付きで、考えながら読み、楽しみながらよくわかる。岡山県のアウトラインを知る最適書!

■目次
T 歴 史
 1 原始・古代編
 2 中世編
 3 近世編
 4 近代編

U 文 化
 1 岡山の美術と美術館
 2 岡山の博物館・資料館・郷土館
 3 岡山の主な寺社
 4 岡山の主な近代建築
 5 岡山の行事・伝統芸能
 6 岡山の伝統工芸
 7 岡山の食文化
 8 岡山弁
 9 文芸・学術
 10 岡山の映画
 11 スポーツ

V 観 光
 1 岡山の観光
  ? 岡山エリア
  ? 倉敷エリア
  ? 備前エリア
  ? 備中エリア
  ? 美作エリア

W 自 然
 1 地理(地形・地質)
 2 植物
 3 動物

X 経済・産業・社会
 1 岡山県のデータ、行政区分
 2 岡山の交通と物流
 3 岡山の主な産業

参考文献
索引

■凡例
1) 本書は、岡山商工会議所が実施する「晴れの国おかやま検定」の公式参考書として岡山に関する事項から主要と思われる
ものを吉備人出版編集部がピックアップして解説したものです。

2) 本書は、2015年に刊行した『晴れの国おかやま検定公式参考書』の内容を元にして、新規の項目を加筆しています。
穴埋め式の問題の解答は問題のすぐ下に、節末の問題はそのページの下に解答を記しています。

3) 項目の掲載順は順不同です。文化財の名称については、一般的な呼称を優先し指定名称に従っていないものもあります。

4) 執筆にあたっては、岡山県庁や岡山県内の市町村が発行する報告書、パンフレット、公式ホームページ及び巻末に紹介している文献を参考にしています。

5) 諸説のあるものは、一般的と思われるものを採用しています。その他の説や解釈を否定するものではありません。

>>本のご注文