本を出したい方へのご案内

書きためた原稿
残しておきたい記録
伝えたい想い…
あなたにしか書けない一冊があります。

著者とのコミュニケーションを大切にした
丁寧な編集、
適正な費用。
原稿執筆から書店での販売まで、
本づくりのすべてをお手伝いします。
少部数の出版も気軽にお尋ねください。

▼最近の自費出版から
○詩集 四六判(B6) 上製本カバー巻き 120ページ 30冊(オンデマンド印
刷)31万円
○記念作品集(短歌・川柳) A5判 上製本カバー巻き 141ページ 200冊
84万円
○写真集(オールカラー) A4判 並製本カバー巻き 64ページ  300冊
120万円


電話、またはメールでお気軽にご連絡ください。
TEL:086-235-3456
E-MAIL: books@kibito.co.jp

▼出版相談会のお知らせ

2012年6月30日(土)午後1:30〜3:30
岡山:紀伊國屋書店クレド岡山店
倉敷:喜久屋書店倉敷

▼出版までのながれ

(1)原稿作成
(2)見積
(3)印刷部数・判型(サイズ)造本、 仕様、書店販売の有無の決定
(4)ご契約
(5)組み見本作成
(6)初校提出・校正
(7)タイトル、カバーデザインの決定
(8)再校提出・校正
(9)最終チェック
(10)印刷・製本
(11)納本

▼料金の目安は?

本づくりの費用はこんな要素で決まります。詳しくはご相談ください。

(1)原稿量(できあがる本のページ数)
(2)写真、イラスト、図や表の点数とカラーかモノクロの種類
(3)必要な冊数
(4)本のサイズ
(5)本の仕様(並製本、上製本、カバーの有無、箱の有無など)
(6)その他(紙の種類、特殊な印刷方法など)

▼地域の出版社ならではのきめ細かさ

原稿の手直しや校正、レイアウトや表紙のデザインなど
岡山在住の編集者がきめ細かくご相談に応じます。

▼書店での販売をご希望の場合も

ご希望に応じて書店での販売も可能です。
出版相談窓口として提携している紀伊國屋書店岡山店をはじめ、岡山県下のほとんどの書店で販売してもらえます。
自費出版物として販売だけを委託していただく場合と小社が版元(発売元)となる場合があります。
この場合は、本の内容や見た目、タイトル、仕様、印刷部数などあらかじめご相談が必要となります。

▼出版社がつくる「社史・記念誌」の編さん

情報公開が企業の社会的責任の一つと重要視されている今、 従来の資料や写真を羅列しただけの社史・記念誌ではなく、
多くの人に読み継がれる「意味のある社史・記念誌」を 考えることが必要ではないでしょうか。
ビジネスに生かせる社史・記念誌編集の方法と 企業PRに結びつく出版について地元の出版社が提案いたします。

>>詳しくはコチラのページへ

▼制作物の例

>>既刊本一覧
>>私家版・他制作物
>>デジタルコンテンツ