書籍紹介

ハプスブルク家の歴史と人生の出会い

就実大学グローカルブック
新刊
著者 就実大学経営学部 (編)
発行吉備人出版
仕様 A5判 並製本
ページ数 46ページ
価格本体800円+税
ISBN978-4-86069-571-2  C0033
初版年月2018年12月7日
書店発売日2018年12月20日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

2018年9月25日に実施された就実大学グローカル・フォーラム「ハプスブルク家の歴史と人生の出会い」を収録。

13~20世紀初頭までの約650年間も繁栄し、最盛期にはヨーロッパの大部分を統治していたハプスブルク家。
その末裔で、就実大学客員教授の大公自身が、壮大な名門家の歴史を語る。

目次

基調講演1
 ハプスブルク王朝
  ゲーザ・フォン・ハプスブルク大公(就実大学客員教授)
基調講演2
 人生の出会い
   杉山 慎策(就実大学副学長兼経営学部学部長)

著者プロフィール

就実大学経営学部

略歴
ゲーザ・フォン・ハプスブルク大公
1940 年ブタペスト生まれ。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ直系。1965 年 スイスのフリブール大学より博士号取得。
1966 年 世界的オークションハウスのクリスティーズ入社。1980 年 同ヨーロッパ事業会長。ニューヨークインテリアデザイン大学やニューヨーク大学で准教授などを務め、現在メトロポリタン美術館講師など。

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP