書籍紹介

どの色よりも逞しく

新刊
978-4-86069-567-5
著者 遠藤 友紀恵 (著)
発行遠藤友紀惠
発売吉備人出版
仕様 A5判 並製本
ページ数 113ページ
価格本体1,500円+税
ISBN978-4-86069-567-5  C0092
初版年月2018年9月
書店発売日2018年10月8日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

2016年「生き方の法則」で第1回永瀬清子現代詩賞受賞した著者の、『違う形の雲の下』(2016年12月)『新しい世界へ』(2017年7月)に続く第三詩集。
題名の「どの色よりも逞しく」は、農業に携わりながら詩作を続ける著者が、どんな仕事にも前を向いて取り組める人だけでなく、前に向くことが難しい人にも届けたいという言葉。
「自立」をテーマに、日々の生活、家族への思い、急死した仕事仲間への惜別をつづった。

目次

はじめに

マヤファーム
奇跡の玉ねぎ/私の椅子/予期せぬ台風被害/和/あなたの器

電車
良い一日でありますように/何処でも気の遣える人

ネオクリエイション

元義父
言われもできぬ哀しみが/ただひたすらに


星の繋がり(遠藤 純花)/箱

ペット
心/ハムスターのプリンちゃん

日々の思い
どうか元気でありますように
/不甲斐ない女/紫陽花~あじさい~/廻り廻って/苛立ちはなくなった/変わり映えしない昨日から/あっちゃからポッ


仕草/溜息/予感/心の底/喜怒哀楽が難しい/半信半疑/人生/今/常識


あまのじゃく/アンパンマンに似ている私/お天道様の日の下で/笑顔/幸せを掴む

つべりんとこべりん

どの色よりも逞しく
途絶えることのない夢の中に/どの色よりも逞しく

仲間へ
桜が満開になる前に

終わりの言葉

著者プロフィール

遠藤 友紀恵

1974年 岡山市で生まれる
2015年2月 「玉ねぎの詩」 『現代農業』野良で生まれたうたに掲載
2016年7月 「生き方の法則」 第1回永瀬清子現代詩賞受賞
2016年12月 詩集『違う形の雲の下』発刊
2017年7月  詩集『新しい世界へ』発刊
[所属]黄薔薇、岡山県詩人協会

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP