書籍紹介

改訂版 福山・軽部山・日差山登山詳細図

吉備路観光コース付 全39コース 1:12,500
新刊
978-4-86069-538-5
著者 守屋 益男 (作成・解説) 山内 淳之介 (踏査・総括)
発行吉備人出版
仕様 その他 ( 縦690mm横998mm 折畳横110mm×縦230mm ビニール袋入
ページ数 1ページ
価格本体500円+税
ISBN978-4-86069-538-5  C0326
初版年月2018年2月
書店発売日2018年2月23日
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

福山・軽部山・日差山登山詳細図 待望の改訂版が完成!

倉敷市、総社市、岡山市の境界を東西約9キロにわたって連なる、軽部山(244m)・福山(302m)・日差山(227m)の山塊は、標高は低いものの自然林が多く残され、山塊の北を旧山陽道が通じ、作山古墳、造山古墳、備中国分寺などの名所旧跡があり、登山と観光を一体化したコースを形作っている。
2009年8月、この塊を「福山・軽部山・日差山 登山詳細図」として作成、発行。その後9年の歳月が流れ、道路、山道などが変化。現地踏査を行い、基礎データーを計測、集積。本図はそれに基づいて作成。

●踏査期間・2016年10月~2017年3月。14名が参加して、延べ113日間行い、GPS(地球測位システム)で正確なコースを割り出し、ロードメジャー(回転式距離計)で地点間の距離を計測。

●この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分1地形図を複製。(承認番号 平29 中複 第20号)

著者プロフィール

守屋 益男

1935年岡山市生まれ。
日本勤労者山岳連盟顧問。山陽カルチャーマウンテンクラブ顧問。山陽登山入門講座講師。

23歳から登山を始め、国内では県内から中四国の主な山、日本百名山すべてに登頂。海外ではモンブラン(4,807m)、キリマンジャロ(5,895m)、アララット山(5,123m)、エルブルース(5,642m)、キナバル山(4,095m)、マウナロア(4,158m)、漢拏山(1,950m)、玉山(3,952m)等にすべて登山隊長として登頂。1994年、未踏峰 天山・カシカール峰(6,347m)へ登山隊総隊長として参加、6名が初登頂。聖山カイラス巡礼(5,668m)2回。
ゴーキョピーク(5,367m)、チョモランマBC、K2BC等をトレッキング隊長として踏破。

著書に「岡山の山百選」(山陽新聞社)。「中四国兵庫の山百選」(山陽新聞社)。「海外トレッキング入門」(共著=大月書店)。「新ルート岡山の山百選」(監修=吉備人出版)。
登山詳細図の踏査は、「熊山」「龍ノ口・金山」「福山・軽部山・日差山」「鬼城山塊」「高尾山・景信山・陣馬山」「奥多摩東部」「操山・半田山・楢津山・矢坂山」「六甲山系/西編」「同/東編」(各吉備人出版)など。

山内 淳之介

1937年愛媛県松山市生まれ。
2005年「山陽登山入門講座」(山陽新聞主催)受講を契機に、EverydaySunday生活の健康維持・増進を目標に登山を始める。
同年山陽カルチャーマウンテンクラブ(SCMC)に入会。2006年登山学校基礎マスターコース(岡山県勤労者山岳連盟主催)受講。SCMCの会山行をメインに登山を楽しんでいる。

国内では大山、石鎚山、剣山などの中四国近郊の山や、立山、木曽駒ヶ岳、宝剣岳、焼岳、鳥海山、早池峰山、岩木山などへ登頂。
海外にもファウルホルン(スイスアルプス)、フェヤビューマウンテン(カナディアンロッキー)、ミルフォードトレッキング(ニュージーランド)のツアー登山に参加。

登山詳細図の踏査では、「熊山」「龍ノ口・金山」「福山・軽部山・日差山」「鬼ノ城山塊」「高尾山・景信山・陣馬山」「操山・半田山・楢津山・矢坂山」「遥照山・御嶽山・沙美アルプス」「矢掛の山」「泉山」「和気アルプス」「六甲山系」に参加。

関連するタグ

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP