書籍紹介

アートの島 犬島へ

吉備人選書15
新刊
978-4-86069-528-6
著者 在本 桂子 (著)
発行吉備人出版
仕様 新書判 並製本
ページ数 192ページ
価格本体1,000円+税
ISBN978-4-86069-528-6  C0095
初版年月2018年1月
書店発売日2018年2月9日
在庫状況品切れ・重版未定
  • 本をご注文される場合は「本のご注文」ページをご覧ください。
  • この本に関するお問い合わせは「お問い合わせ」ページをご確認の上ご連絡ください。

瀬戸内海の小さな小さな島に起きた大きな大きな変化。
犬島で生まれ育った在本商店のおばちゃんが、変化していく島の軌跡をつづった地域への愛にあふれた一冊。

福武總一郎氏の推薦!
「犬島に住んで犬島の歴史、自然、魅力を知り尽くした在本桂子さんは、アートの島に生まれ変わりつつある過程をずっと見守ってくださっています。本書を手に、犬島と犬島に魅せられた創造者たちの物語を堪能してほしいですね。」(瀬戸内国際芸術祭総合プロデューサー・福武總一郎)

目次

はじめに

第1章 〈 アートの島のはじまり 〉
・アートの島への初めの一歩 岡山城築城400年記念イベント
・「未来に生きるモアイ計画」 アートの始まりの石像を大学生が制作
・犬島アーツフェスティバル 「維新派」が島にやって来た

第2章 〈 犬島精錬所美術館 〉
・近代化産業遺産登録を経て美術館へ 精錬所の変遷と島の再生
・「犬島精錬所美術館」の誕生 「在るものを活かし、無いものを創る」
・犬島に魅了されて美術館を構想 アーティスト 柳 幸典
・循環型社会のモデルとなるような美術館 建築家 三分一博志
・犬島の環境に合わせた植栽を計画 岡山大学環境理工学部 沖 陽子
・エナジーホールに巨大な一枚岩を入れ込む 昔気質の石工職人 吉川 満

第3章 〈 瀬戸内国際芸術祭 〉
・過疎の島を希望の象徴に 現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」
・「家プロジェクト」設計担当 日本を代表する建築家 妹島和世
・自ら選んだアーティストの作品を展示 アーティスティックディレクター 長谷川祐子
・「家プロジェクト」オープニング作品 アーティスト 柳 幸典
・華やかな作品が観る人を魅了 アーティスト 荒神明香
・発砲ポリウレタンを使った躍動感あふれる作品 アーティスト 名和晃平
・石切り場を野球場に見立てて アーティスト ジュン・グエン=ハツシバ
・石職人たちの家跡で太古の声を聞く アーティスト 淺井裕介
・約一〇〇人の団員が島に住み込んで会場設営 劇団「維新派」
・折り紙の展開図のようなアート作品 アーティスト 小牟田悠介
・広くて開放的な空間に射しこんだ光の線 アーティスト 下平千夏
・繰り広げられる迫力のパフォーマンス ハイパーパフォーマンスグループ「MuDA」
・映像・音楽とともに身体表現の可能性を追求 ダンス・カンパニー 「ニブロール」
・島の音の発見・観察・再構築 ギタリスト・ダクソフォン奏者 内橋和久
・均整のとれた肉体が躍動 振付師 ダミアン・ジャレ × 舞台美術 名和晃平3
・「犬島くらしの植物園」完成を夢見て 造園アーティスト 「明るい部屋」

第4章 〈 犬島時間 〉
・アートを通じて島の魅力を発信 「犬島時間」代表 青地大輔
・錫とガラスを組み合わせてユーモラスな動植物を創作 造形作家 細見博子
・犬島らしい素材を使って感受性豊かな作品 版画家 小野耕石
・日常にありふれた素材をアートに アーティスト 高本敦基
・地域に根づいたアーティストを目指して 彫刻家 片山康之 
・エゴン・シーレの世界を立体化 人形作家 宮崎郁子
・犬島ガラスで人柄あふれる作品づくり ガラス作家 中野由紀子
・「妖怪イヌジマ」を全国へ里子に アーティスト 石井葉子

第5章 〈 犬島に魅せられた人たち 〉
・劇団「維新派」主宰 松本雄吉氏に捧げる
・移動する野外劇を演出 パフォーマー 小野寺修二
・岡山の演劇界に貢献 NPO法人「アートファーム」理事長 大森誠一
・犬島?宝伝間を毎日往復 定期船「あけぼの丸」船長 豊田一男・大将
・「犬島の島犬」が島を見守ります 造形作家 川埜龍三
・「XXXX THE JAMBOREE」開催 「trees 」代表 南波伸樹
・広い庭でゆっくり寛げる 島めぐりに最適なカフェ 「Ukicafe」店主 乙倉 慧
・写真集「犬島『家プロジェクト』」発刊 建築家 周防貴之
・小さな国際交流 オランダからのお客さま
・食を通じて犬島をアピール 「いぬじまのんびりくっきー」
・島限定の缶バッジ 犬島ゆかりの「おきな丸」
・おわりに
・犬島へのアクセス
・犬島さんぽマップ&ガイド
・犬島のあゆみ
  ①先史~大正
  ②昭和
  ③平成

あとがき

著者プロフィール

在本 桂子

1944 年岡山市東区犬島生まれ。地元で90 年ほど続く在本商店経営。
「犬島作家」として島の歴史や風物、風習などについての書籍執筆や、雑誌・新聞への投稿、講演会などでも活動中。
また、犬島再発見の会(2012 年岡山県備前県民局「夢づくり推進賞」受賞)代表を務め、島の情報の発信をはじめ、島内の案内を通して来島者に犬島の魅力を伝えている。

いちばんぼし童話の会所属。
西大寺郷土芸能フェスティバル実行委員(2002 ~ 2016 年)、福武教育文化振興財団助成審査委員(2007 ~2012 年)、岡山市東区区づくり推進事業審査委員(2012 ~ 2016 年)を務める。

関連するタグ

※上記内容は本書刊行時のものです。

PAGE TOP